有限会社 三和技建

駐車場工事・道路工事・土木工事・外構工事・乗入工事などを行っております。

事業地域

愛知県
名古屋市,豊明市,一宮市,刈谷市,豊田市,岡崎市,安城市,東海市など
その他近郊の方もお気軽にご相談ください。

 

HOME»  乗入工事

乗入工事について

原則として乗入工事では「民有地から道路へ車両が出入りするための出入口の築造工事」いわゆる「乗り入れ工事」は、道路法第24条に基づく、道路管理者への申請とその承認が必要です。
当社では駐車場工事時に必要となる、道路管理者への申請も行っていますので設計・施工・管理・申請と非常にスムーズな流れで工事を行うことで無駄なやりとりを省きお客様への負担を軽くします。

 

乗入申請の流れ

乗り入れ申請に関して基礎知識

承認申請は、次ページの審査基準に基づき「工事の必要性」「乗り入れが出来る事による道路利用者への安全性」「施工構造の妥当性」「工事実施上の適正」等について総合的に検討し判断します。
従って、申請書類に不備がある場合、基準に適合しない場合、あるいは基準には適合していても、周囲の道路等の状況等(特に安全性の観点)から承認とならない場合がある。

 

 

費用について

工事に関わる全ての費用は、道路法第57条に基づき申請者の負担となる。

 

 

構造物の帰属

工事により設置した構造物は、工事完了後道路施設(道路を構成する構造物)として国や市町村に帰属していただく。
帰属後これらの構造物は国土交通省などにおいて維持管理されます。

 

 

優先事項

乗り入れ口であっても、そこは道路であり公共の場ですから、歩行者、自転車、その他一般の通行に優先して、この乗り入れ口を使用することができない。
なお、同様な理由で、歩道、植栽帯等の道路敷地内に私物(のぼり旗、立看板等)を設置並びに放置することもできない。私物が設置並びに放置されている場合は、撤去していただく。

 

 

交通事情の変化に伴い変更の可能性あり

道路の構造は、社会的な交通事情の変化に伴い変更される場合がある。例えば「中央分離帯の設置により右折による出入りが出来なくなる」等、このような道路構造の変更による「使い勝手の制約」が将来あり得る。

 

 

その他

その他細かな審査基準、承認の内容など細かな部分に関しても当社で全て管理しますのでご不明な点が御座いましたらお気軽にご相談ください。